トップ

ダイエット臭の対策法

ダイエットの思わぬ落とし穴

ダイエット中に臭いと言われたら

シャープできれいな体にしたいと思い、ダイエットに励む方が多いと思いますが、そんなダイエットに一見あまり関係ないであろう問題があります。それがダイエット中に臭くなるということです。いわゆる「ダイエット臭」というものをご存知でしょうか。

ほとんどの方が、ダイエットイコール食事制限をしていると思います。この食事制限が実はダイエット中の思わぬ落とし穴となってしまうのです。

ダイエット中の臭いダイエット臭は、ダイエットによって制限された栄養素が不足してしまうことで、体の代謝がさがります。栄養素の不足で代謝が下がってしまったときに、「ケトン体」というものが体の中で合成されます。きつい口臭や体臭の原因となるのは、このケトン体が原因でダイエット臭となってしまうのです。

ダイエット臭というのは、間違ったダイエットを行うことで発生するのです。
しかし、実はケトン体が体からにおいを放つのは最終段階の時です。その段階を順をおって説明していきます。

/間違ったダイエットで起きるダイエット臭とダイエット臭の種類/

・ダイエット第一段階
食事制限によって、炭水化物やたんぱく質が不足すると体は中性脂肪を燃やすことでエネルギーを得ようとします。
しかし、急激なダイエットや運動不足によって脂肪酸が不完全燃焼を起こしてしまい、これが汗や皮脂とともに体外へ出ていきます。
この時に臭いがでるのですが、この段階での臭いはそれほど強烈ではありません。

・ダイエット臭二段階
ダイエットによってからだの基礎代謝が悪くなることで、体に必要な熱量の生産が少なくなります。それによって血行が悪くなり体は別の方法でエネルギーを得ようとします。

その結果、乳酸が生じてしまい乳酸と一緒にアンモニアが汗とともに体の外に出ていきます。ですから、ダイエット臭に段階では、汗をかいた時にアンモニア臭のある汗くささが出てきます。この時は体臭が表に出てきます。

・ダイエット臭三段階
ダイエット臭の最終段階になり、基礎代謝の低下が続くことで血行が悪くなります。
そして、血行から運ばれる酸素も不足してしまい、さらに脂肪酸が不完全燃焼をくりかえします。その時にケトン体という物質が合成され、体臭の原因となってしまうのです。

ケトン体は甘酸っぱい独特の臭いを発し、特に口臭や体全体から臭気を放ちます。